「マイノリティ・リポート」は映画版とドラマの版両を観るべき。その理由とは!?

マイノリティ・リポートは2002年に公開されたトム・クルーズ主演のSF映画。殺人予知システムにより、犯罪発生率が0%となったワシントンを舞台としています。

一方でドラマ版のマイノリティ・リポートは2015年に公開された海外ドラマ。シーズン1で放送終了となってしまいましたが、映画版が好きだったのならドラマ版もおすすめです。

そこで今回はマイノリティ・リポートの映画版とドラマ版の違いなどをご紹介します!

 

マイノリティーリポートってどんな作品?

映画版マイノリティー・リポート

マイノリティー・リポートは2054年のワシントンを舞台としたSF作品。犯罪予知システムにより、犯罪発生率0となった世界なのですが、その犯罪予知システムには恐ろしい秘密が!

主人公演じるトム・クルーズがその秘密を暴き出し、犯罪予知システムの破壊を遂行するSFアクションスリラーです。

スピルバーグが制作した作品であり、公開当時は大ブーム!もちろん興行成績も第1位となった名作です。

ドラマ版マイノリティー・リポート

ドラマ版のマイノリティー・リポートは映画版のリブートではなく、映画版の10年後の世界を舞台とした作品です。

すでに犯罪予知システムは崩壊しており、ふたたび凶悪な事件も横行しているワシントン。

予知能力を持つ主人公のダッシュは、「犯罪予知システム(予知能力)」を悪とする世界において、その力を隠しつつ、凶悪事件の操作を手伝います。

※元々殺人予知システムは、プリコグと呼ばれる3人の予知能力者たちで構成されている

ちなみに映画版で登場したトム・クルーズやコリン・ファレルは当然のことながら登場しません(笑)

シーズン1で打ち切り?内容は大丈夫?

実は、「マイノリティー・リポート」シーズン1は13話構成で制作される予定でした。

ところが、映画版マイノリティー・リポートが好きな人向けの作品で、映画を見ていないと分かりにくい・・・いうことから視聴者数があまりのびず、10話で打ち切りとなってしまいました(悲)

内容的にはとてもよくできていただけに残念です。

内情としては10話目で一度まとまり、残り3話でシーズン2につなげるストーリーを予定していたそうです。

海外ドラマに慣れていると、「シーズン1しかないの?」と思ってしまいますが、日本のドラマはシーズン1で終わるものばかりですから、あまりきにせず楽しんでみてはいかがでしょうか?

再び人気がでれば、もしかしたら続編がでるかもしれませんよ!?

まとめ

ということで、マイノリティー・リポートについてまとめます。

  • ドラマ版は映画版の10年後の世界
  • ドラマ版はシーズン1で終了。ただし完結している
  • 映画版有りきのドラマなので、映画版が好きならオススメ!
  • マイノリティーレポートの映画版もドラマ版も Netflixで観れますので、両方を一気にみてしまうのもあり!

    「ガタカ」などSFスリラー好きならオススメです!

    In the late 21st century, when technology can predict crimes before they're committed, a top "Precrime" cop is targeted for a murder charge.
    In 2065, Dash quietly uses his ability to predict crimes in advance to help a detective prevent murders while eluding those who want to exploit him.
 
 

こちらの記事もおすすめ

フォローする