「こどもつかい」は滝沢秀明主演の呪怨級ホラー映画!虐待親を洗脳された子どもたちが襲う!

NETFLIX(ネットフリックス)で配信中の「こどもつかい」は滝沢秀明主演のホラー映画です。

監督は呪怨シリーズで有名な清水 崇で、「さすが呪怨の清水!」と思わせるようなかなりハードな内容となっています。

そこで今回は「こどもつかい」のあらすじやみどころをネタバレ少なめにレビューしていきたいと思います。

こどもつかいのあらすじ

子供を虐待した母親が変死するという事件が発生します。彼女は気味の悪い子供の集団と奇妙な格好をした男(滝沢秀明)に殺されたのでした。

それから数日後、主人公で保母をしている尚美(門脇麦)は、職場で親に虐待されたであろう少年、蓮を見つけます。そして蓮の母親も変死していました。

この頃街では「トミーの呪い」という都市伝説が流れており、トミーが子供をさらい、子供が戻ってくると親は3日後に死ぬと言われていました。

連続する事件をしった主人公の彼氏、俊也は噂の真相を確かめようと調べ始めて・・・というのが大体のあらすじ。

こどもつかいの最大の怖さは、トミーに操られた気味の悪い子どもたちと、元凶となる子供の虐待事件です。

悪い化け物と悪い人間の組み合わせなので、怖さは2倍。呪怨のようなジリジリとしびれるような怖さはありませんが、すぐそこにあるような身近な恐怖をかんじる映画でした。

怪人役にまさかの滝沢秀明

ジャニーズのスーパースター、滝沢秀明が主人公側ではなく怪人トミーとして出演しているのが本作の面白い所。怪人なのになかなかイケメンです(笑)

今では芸能界を引退し裏方に回ってしまったので、こんな滝沢秀明を見れるのは、本作が最初で最後でしょう。

ちなみに主人公の彼氏「俊也」を演じているのは、同じくジャニーズでHey! Say! JUMPに属する有岡大貴。主役級のドラマや映画出演は殆どないので大抜擢と言えます。

ふたりのジャニーズ俳優を使っている本作ですが、演技が芋すぎて浮くということもなく、すんなり受け入れられる内容になっているので、ご安心下さい(笑)

まとめ

ということで「こどもつかい」をまとめると・・・

  • 子供を虐待する親を洗脳された子どもたちが仕返しするホラー映画
  • 怪人役に滝沢秀明
  • 監督は呪怨シリーズの清水 崇

「こどもつかい」は、かなりヘビーなホラー映画なので、ホラーが苦手な人にとっては注意、トラウマになってしまうかもしれません。。

一方で、呪怨シリーズのファンなのであれば、かなりおすすめ。清水 崇らしい瞬間芸に頼らないジットリとした怖さを味わえます!

気になる方はぜひNETFLIXで視聴してみてくださいね!

A young reporter delves into a series of mysterious, violent deaths all preceded by the temporary disappearance of abused children.