「インシディアス」は『SAW』×『パラノーマル・アクティビティ』の鬼才が新たに生んだ究極のホラー映画だった!?

ホラー映画好きの方、最近はどんなホラー映画をご覧になりましたか?

そんな皆さんに、ジメジメしたこの暑い夏の季節にぴったりである、背筋が凍るようなホラー映画があります。

それは、Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の「インシディアス」。

わずか150万ドルという低予算でありながらも、米・全英で5週連続TOP10入りを果たしたほどの大ヒットとなった作品なのです!

そんな「インシディアス」の魅力を語っていきたいと思います。

 

『パラノーマル・アクティビティ』×『SAW/ソウ』

実は、キャスト以上に大注目なのが奇跡のタッグとなった本作の製作陣!!

本作で製作を務めたのは、新感覚モキュメンタリー映画で世界中を震撼させた『パラノーマル・アクティビティ』の生みの親オーレン・ペリ。

超低予算にも関わらずこれほどにも怖い映画は存在するのかという衝撃を与えた方です。

監督を務めたのは、ホラー映画の新ジャンルを開拓した大ヒットスプラッター・ホラー『ソウ』シリーズや『ワイルド・スピード SKYミッション』で知られるジェームズ・ワン。

脚本も、同じく『SAW/ソウ』シリーズで有名なリー・ワネル。

究極のホラーを作るために集結したこれら一流のスタッフ陣が集結して挑んだ、二つの恐怖の融合とも言える「インシディアス」は、ホラー好きの方必見の作品です!

「インシディアス」ってどんな映画?

ドラマ『ダメージ』エレン役で知られるローズ・バーンが扮するルネ。

エミー賞常連ドラマ『FARGO/ファーゴ』シーズン2に主演し、若きルー警察官を演じ主演男優賞にノミネートされたパトリンク・ウィルソンが扮するジョシュ。

ドラマ界のスター共演となった二人が演じるランバート夫婦は、幼い3人の子供たちと共に新居に引っ越すことになります。

引っ越し先の新居では、ポルターガイストや怪しい人影、屋根裏で不可解な物音や不吉な声がしたりと、不可思議な現象に悩まされます。

さらには息子が昏睡状態に陥ってしまい、夫婦は霊媒師や目視まで呼ぶのですが、彼らもお手上げ状態に。

新居に住み着く悪霊は一体何が狙いなのか!?
そんな恐怖に立ち向かう一家は一体どうなってしまうのか・・・というストーリーです。

音響効果を駆使した恐怖も半端じゃない!

『パラノーマル・アクティビティ』といったら、静寂の中で突如起こる怪奇現象とこれでもかというくらい迫力のある音響効果。

視覚による恐怖だけではなく、スプラッター描写に頼らない“音響効果による恐怖”が本作の至るところに散りばめられている点も、オーレン・ペリ製作というだけはあります。

「この後、絶対に何か起きるでしょ!」という前振りや予兆もあえて描かれており、ホラー好きの私であってもつい映画のボリュームを下げたくなってしまったほどの恐ろしさでした(笑)

本作の見どころとは?

本作の見どころは、後半に父親が繰り広げる息子の救出劇です!

家族を悪霊から守るため、息子を救うため、霊媒師によって幽体離脱した一家の主人が、恐ろしい恐怖体験とともに強すぎる悪霊たちに立ち向かっていきます。

全体を通して、5分に一度はヒヤヒヤするようなホラー描写も見どころで、終始飽きることなく画面に釘付けになってしまうことも魅力です。

また、マニアックな人にしか気づかないようなこった演出なのですが、ジェームズ・ワンの『ソウ』に登場する“ジグソー人形”が描かれていたり、彼の作品に登場した俳優がゲスト出演していることにも大注目です!

続編『インシディアス 第2章』も驚愕!!

本作に主演した夫婦役の二人が再び恐怖を体験します。

ジェームズ・ワン、リー・ワネルといった製作陣が再びタッグを組んで描いた、前作の前日譚となる作品です。

“ジョシュに纏わる驚愕の事実“が明かされることにも大注目です!

Netflixは、そんな本作第1弾を絶賛配信中。