Netflixから全世界に配信!ドラマ「火花」成功の鍵は?

screencapture-help-netflix-com-help-1457113338442

どこまでやるんだNetflix

先日、NetflixがプロダクションIGと組んでオリジナルアニメ「パーフェクトボーンズ」を制作することを発表しました。やるじゃんNetflixと感心したのも束の間、ドラマ「火花」がクランクアップしたというニュースが報じられました。

え、本当にクランクアップしたんですか?

正直、火花を全世界で公開なんて冗談かと思ってました。

考えてみて下さい。火花は漫才師たちのドラマがメインとなった純文学です。世界に誇れるジャパニーズ純文学と言ったら三島由紀夫や谷崎潤一郎ですよね。先に言っておきますが、別に原作者の又吉直樹さんが劣っているとか、火花が作品としてどうとか言いたいわけではありません。

純粋に漫才文化が海外の方に理解してもらえるか、という疑問があるんです。火花が純文学作品として読み応えのある小説なのは重々承知してますが、漫才とのケミストリーを起こして面白みを感じるのは日本人だけじゃないでしょうか。

例えば我々日本人が海外にしかない職業を題材にしたドラマを見て楽しめるか、という話です。そこで今回は火花の登場人物をの職業を置き換えて、面白そうか否か調査したいと思います!

火花の主要人物が漫才師じゃなくて◯◯だったら

火花のあらすじ

売れない芸人・徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人・神谷と電撃的な出会いを果たす。徳永は神谷の弟子になることを志願すると、「俺の伝記を書く」という条件で受け入れられた。奇想の天才でありながら、人間味に溢れる神谷に徳永は惹かれていき、神谷もまた徳永に心を開き、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。

wikipedia「火花」より引用

なるほど、漫才哲学を文学的な視点から捉えているようですね。では漫才師の部分を海外にしかない職業に変えて、あらすじを調整していきます。

まずはロック・スミスです。防犯意識の高い海外ではポピュラーな職業で、鍵に関するプロ。日本には馴染みがありませんね。いってみましょう!

ロックスミス版「火花」

売れないロックスミス・徳永は、メイシーズ独立記念日花火大会で、先輩鍵師・神谷と電撃的な出会いを果たす。徳永は神谷の弟子になることを志願すると、「俺の伝記を書く」という条件で受け入れられた。解錠の天才でありながら、人間味に溢れる神谷に徳永は惹かれていき、神谷もまた徳永に心を開き、神谷は徳永に鍵開けの哲学を伝授しようとする。

あれ?ちょっと面白そう?

まずロック・スミスという名前からしてカッコイイですよね。鍵に立ち向かう男たちの美学が女性ファンの心を掴んで止まず、2016年の彼氏になってほしい職業第1位に選ばれる大躍進を遂げる予感がビンビンです。それに「神谷もまた徳永に心を開き」っていう部分が、ロックスミスの仕事である「鍵開け」と掛かっていて無茶苦茶ドラマ性が溢れてるじゃないですか。ちくしょう!エンディングはエアロスミスで決まりだ!

中々いいスタートですね。しかし、これはほんの小手調べ。そもそも漫才師って「笑い」を提供する人じゃないですか。つまり海外にしかないお笑い職業「コメディアン」を題材にしたら、日本では絶対にウケないはずです!向こうの笑いは大味で、日本人の好みとは違いますからね。いきます!

コメディアン版「火花」

screencapture-www-netflix-com-watch-17236928-1457113184524

売れないコメディアンのクリス・タッカーは、北カリフォルニア桜祭りで、先輩コメディアンのエディ・マーフィと電撃的な出会いを果たす。タッカーはマーフィの弟子になることを志願すると、「耳の穴かっぽじって、よく聞きやがれ」という条件で受け入れられた。破天荒な警察官でありながら、動物と喋れるマーフィにタッカーは惹かれていき、マーフィもまたタッカーに心を開き、マーフィはタッカーにコメディの哲学を伝授しようとする。

全話一夜漬けでコレ見たいです。

すいません、ちょっとふざけました。でもエディ・マーフィやクリス・タッカーの出演する映画が国内でも人気なのは、海外の面白いコメディ要素が日本でもちゃんと受け入れられている証拠ですよ。笑う、っていう感情は喜怒哀楽の「喜」と「楽」から生まれます。そこに国境はないのかもしれませんね。

ドラマ「火花」が日本の文化を世界へ伝える

海外における漫才の認知度はわかりませんが、むしろこのドラマを通じて「漫才」を知ってもらえるんじゃないでしょうか。日本のお笑いって少しひねくれてるというか、観ている人聞いている人に理解してもらって成立する部分が少なからずあると思います。

これは漫才に限らず日本の文学や映像作品でも同じことが言えますよね。この送り手と受け手の絶妙な交信は、日本人が育んできた誇るべき文化でしょう。もっと世界に向けて発信してもいいはずです。Netflixを通じて「火花」を世界規模で公開するのは、そんな意図があるのかな、なんて勝手に勘ぐっています。

何はともあれ無事にクランクアップしたということで、今は期待を胸に待ちましょう!