バットマン前日譚「GOTHAM/ゴッサム」の見応えがヤバイ | Netflix日本非公認ファンブログ

バットマン前日譚「GOTHAM/ゴッサム」の見応えがヤバイ

screencapture-www-netflix-com-watch-80023082-1463542604586

本格クライムアクションドラマ!

世界的な人気を誇るダークヒーロー「バットマン」が誕生したのは1939年のことでした。版権元であるDCコミックにおいては「スーパーマン」と双璧を成す存在で、今年は映像として初めてのコラボ作品「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」が公開。今年もノリにノッてますねぇ。

バットマンの誕生秘話は何度も語られてきましたが、バットマンが登場するより昔のストーリーは長らく謎に包まれていました。というよりも、設定自体が存在していなかったのかもしれません。

海外テレビドラマ「GOTHAM/ゴッサム」ではバットマンが登場するより以前のゴッサムシティが描かれています。バットマンといえば凶悪なディラン、腐敗した警察内部が横行したダークな世界観も人気要素の一つ。本作ではその部分がさらに強調され、本家よりもミステリアスな雰囲気となっています。

screencapture-www-netflix-com-watch-80023082-1463542541032

絶対に住みたくない街、ゴッサムシティ

バットマンとしてゴッサムの救世主となるブルース・ウェインの両親が殺害された日。ゴードン刑事は遺されたブルース・ウェインと犯人逮捕を約束し、捜査に乗り出します。情報を得るためにギャングの幹部フィッシュ・ムーニー、街を牛耳るカーマイン・ファルコン、そして大物ギャングのサルヴァトーレ・マローニと関わり合いを持ち、ゴッサムの闇の部分へと踏み込んでいきます。

主人公は後にバットマン最大の理解者にして、協力者であるジェームズ・ゴードン。本家バットマンでは警察本部長として描かれることが多いですが、本作ではゴッサムから悪を駆逐しようと奔走する若かりし日の姿が描かれます。ゴードン以外のバットマンのキャラクターも多数登場し、すでにシリーズを知っている人は思わずニヤリとする場面もあるでしょう。

そして「GOTHAM/ゴッサム」には本家のキャラクター以外のオリジナルキャラクターもかなり魅力的です。ゴードンの相棒となるハービー・ブロック、ギャングの幹部フィッシュ・ムーニー、カーマイン・ファルコンなど是非逆輸入してもらいたいくらいですね。

まぁ年齢の設定的に難しいし、最終話で○○○とかは○○されちゃいますし・・・。カオスすぎるぞゴッサムシティ!(詳しくは本編をご覧下さいね)

screencapture-www-netflix-com-watch-80023082-1463542628064

見応えたっぷり、どハマり注意!

このドラマ、一度見だすと止めどきがわからなくなる時間泥棒です。ハラハラ度MAXで強烈な展開が続き、体が次を見せろ次を!と求めてやみません。いや、本当に。

凶悪な犯罪者、ギャングの抗争など全編を通してハードでスリリング。バットマンやロビンなどのヒーローがいないゴッサムで何が起き、何がブルース・ウェインをヒーローにしたのか。

その全貌が明らかになるドラマ「GOTHAM/ゴッサム」はNetflixで公表配信中です。シーズン2も待ってまーす!