侵略を企むエイリアンが可愛すぎる!?SFコメディ「屋根裏のエイリアン」これは最後の最後まで観なきゃ絶対に損!

皆さんは、Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の「屋根裏のエイリアン」という映画をご存知ですか?

SFコメディといえば、サイモン・ペッグとニック・フロストの最強コンビで贈る『宇宙人ポール』や、『ジュマンジ』のリメイク版『ザスーラ』などがNetflixで配信されております。

数ある中でもオススメしたいのが本作「屋根裏のエイリアン」です!

一見B級映画にも見えてしまうのですが、中身はしっかりと構成されていて、コメディ要素も一級品でした。

最後にはうるっとする感動的なヒューマンドラマも描かれております。

そんな本作の魅力をご紹介いたします!

 

「屋根裏のエイリアン」ってどんな映画?

主人公のトムたちピアソン一家は、休暇を過ごすために郊外の別荘へとやってきて、いとこのジェイクや姉の恋人リッキーなど大勢が集合します。

しかし、アンテナを直すためトムが屋根裏へ登ると、なんとそこに潜んでいたのはジルコン星人というエイリアン!

屋根裏に閉じ込めたものの、正体がばれた途端に次々と攻撃を開始してくる地球侵略を企むエイリアンと、それを食い止めようとするトムたちとの戦いを、コミカルに描いたSFコメディ映画です。

コメディ要素が満載!

エイリアンといってもSF映画に出てくる恐ろしい外見のエイリアンではなく、非常に愛嬌のあるキャラクター担っていることも魅力です。

中には戦いを好まず心優しいエイリアン、『ホームアローン』に出てくる泥棒のようにドジっぷりを炸裂させるエイリアンや、ずるがしっこいのにどこか憎めないエイリアンなど、個性的なキャラクターばかり!

また、屋根裏に潜んでいたエイリアンたちは様々なハイテク装置を持っているのですが、中でも注目なのが、小さなリモコン型の装置を使うことで人間を自在に操ってしまう“人間操縦マシーン”。

子供達にいいように操られた、リッキーの繰り広げるドタバタ劇やエイリアンが操って暴れ出すおばあちゃんなども見どころです!

地球侵略といっても、本作での戦いはあくまでも別荘の中や裏庭で親に気づかれないように繰り広げられるので、『フィニアスとファーブ』のようなゾクゾク感もあります。

一方、何も知らない親たちは親たちが繰り広げる、バカバカしいコントを見ているかのようなドラマも見どころです。

絆を取り戻す親子愛!

学校では数学オタクと呼ばれ、父親に似て頭が良く勉強が人一倍できることにコンプレックスを持っているトム。

思春期のため、正しいことを言ってくれる父親との関係もぎくしゃくしていました。

そんなトムが本作での騒動を通して大きく成長し、本当に大切なことに気づいていったり、父親との絆を取り戻していく描写も王道ではありますが魅力的でした。

人気ドラマのあの人たちも登場!

まず本作で一番注目していただきたいのは、トムのいとこジェイクを演じたオースティン・バトラー。

『マンハッタンに恋をして〜キャリーの日記』にレギュラー出演するなど、ディズニーチャンネル出身のオースティンは『ハイスクール・ミュージカル』ヒロインのヴァネッサ・ハジェンスと長年交際しているということも有名ですが、最近ではNetflixで絶賛配信中の大人気ファンタジードラマ『シャナラ・クロニクルズ』の主人公ウィル役としても世界的に知られる俳優です。

歌手やモデルとしても活躍しており、ブレイク真っ只中であるオースティンのこれからの活躍には期待大です!

そして、本作主人公の姉役は『ハイスクール・ミュージカル』シャーペイ役で世界的に知られるアシュレイ・ティスデイルが演じております。

まとめ

笑いあり、涙ありの本作は、コメディ好きの方なら誰が見ても満足のいく作品です。

実は一番笑いの要素がある、エンドロールの最後にまでこだわっているという監督の演出にも大注目です!

Netflixは本作はもちろん、『宇宙人ポール』や『ザスーラ』などのコメディ映画も絶賛配信しております。