「スマホ拾っただけなのに」は園子温映画で常連の冨手麻妙がヒロインを演じる某映画のパロディホラー!

NETFLIXで配信中の「スマホ拾っただけなのに」は、コメディ要素も高いホラー映画です。

北川景子主演の「スマホを落としただけなのに」のパロディ映画なので、タイトルで不思議と思った方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「スマホ拾っただけなのに」のあらすじや見どころをネタバレ少なめにレビューしていきたいとおもいます!

 
吉宝

「スマホを拾っただけなのに」のあらすじ

モテないトリオのサイトー、アオヤマ、スズキは旅の途中でスマホを拾い、その持ち主だというユウカにスマホを返します。

ユウカはとても美人で、少しの間一緒に過ごすことになり、3人のテンションは爆上がり。

しかし車が故障してしまったため、ある田舎の民家に立ち寄ります。すると民家の老夫婦は、強盗と勘違いして襲ってきます。

しかもこの老夫婦、夫の方は血まみれの姿でチェンソーを振り回し、妻の方は骨壷から何かを取り出して食べています。

さらにアオヤマ、スズキが餌食になり一人残ったサイトーなのですが・・・というのが大体のあらすじ。

後半に大きなどんでん返しがあり、そんな終わり方するのかよ!というエンディングを迎えます(笑)

「スマホを落としただけなのに」との違い

「スマホを落としただけなのに」では、北川景子演じる麻美には誠という彼氏がいて、彼氏がスマホをタクシーに忘れたことから、災難や事件に見舞われ続け困っていく話です。

事件は連続殺人事件にまで発展し、麻美が狙われて・・・という内容です。

本作「スマホ拾っただけなのに」はタイトルと女性がスマホを落としてしまうという点では似ていますが、展開が全然違いますね。

元の映画を見ておくと、こんなところをパロったんだ!というシーンはいくつかありますが、知らなくても大丈夫な気がします。

ちなみに「スマホ落としただけなのに」は若い世代を中心に大ヒットし、2020年2月には続編の「スマホを落としただけなのに2」が公開されています。

原作の小説は3作目まであるので、もう一作制作されそうですね!

まとめ

ということで、「スマホ拾っただけなのに」をまとめると…

  • 「スマホを落としただけなのに」のパロディ映画
  • 若干コメディ要素もあるホラー映画
  • 原作は3作あり、まだまだブームは続きそう

ヒロインを演じる冨手麻妙は、AKBの研究生でしたがすぐに卒業、園子温監督と交流が深く、新宿スワン、みんな!エスパーだよ!、リアル鬼ごっこ、LOVE OF LOVEに出演しています。

そのため園子温映画が好きな人にとっては、「あ!この子知ってる!」と思うはず。

気になる方はNETFLIXで視聴してみてくださいね!