Netflixで観れる『2017年12月に配信された』おすすめ映画5選!【第3弾】

ウィル・スミス主演作で大きな話題になっていたNetflixオリジナル作品『ブライト』など、12月に配信された作品は注目の作品ばかり!

今回は、映画『ブライト』をはじめ、筆者がおすすめしたい、注目の映画5作品をご紹介します!

 

『2017年12月に配信された』おすすめ映画5選!【第3弾】

「ブライト」Netflixオリジナル作品

本作の監督を務めるのは、ウィル・スミスら豪華キャストが集結したアメコミ実写『スーサイド・スクワット』や『フューリー』のデビッド・エアー監督。

人間だけでなく様々な種族が当たり前のように人類と共存している架空のロサンゼルスを舞台にしたSFアクションで、なんとなく『メン・イン・ブラック』のような雰囲気も感じますね!

ざっくりいうと、人間のウォード(ウィル・スミス)と怪物の相棒オークの警官コンビが、絶大な魔力を持つ謎の少女と出会ったことをきっかけに、人類存亡を担う大事件へと巻き込まれていく…というストーリーとなっています。

怪物の相棒“ジャコビー”は容姿が強烈ですが、優しく正義感もあってウォードとの相性も良く、映画史に残る新たなポリスコンビが誕生したと言えるでしょう!

数多く盛り込まれている過激アクションも見どころです!

「トランス・ワールド」

人里離れた森のキャビンで、様々な経緯を経て“出会うはずのなかった3人”が偶然出会い、少しずつ打ち解けあっていく中で、徐々に森の中で起こっているある異変に気付くことになり…という「タイムリープ系」のお話なのですが…

終始飽きることなく巧妙に進んでいくシナリオと衝撃の展開に、「この映画の脚本はすごい!」と思ってしまったほどでした!

『ワイルド・スピード/ICE BREEAK』にも出演した、クリント・イーストウッドの息子(スコット・イーストウッド)の演技も秀逸です!

偶然であった3人はただの赤の他人!?それとも何か共通点があるのでしょうか!?

「88ミニッツ」

名優アル・パチーノが主演した超緊迫のサスペンス・アクション!

猟奇殺人鬼の死刑執行当日に起きた同様の手口の殺人事件を発端に、FBI異常行動分析医のジャックが予想だにしない事件へと巻き込まれていく…というお話です。

模倣犯なのか?それとも真犯人なのか?という謎が深まる中、タイトルにもありますが、ジャックに「お前の命はあと88分−」という殺人予告の電話が掛かってからは、ノンストップでハラハラする展開を味わえます!!

オリジナルドラマ『マンハント』のように、「VS 知能犯」が描かれる作品はどれも手に汗握りますね!

「疑惑のチャンピオン」

本作は、自転車レースで有名な“ツール・ド・フランス”を何度も制しながらも、ドーピング・スキャンダルで世間を騒がせた、実在のロードレース選手“ランス・アームストロング”の栄光と転落を描いた伝記映画です。

映画なのにドキュメンタリーを観ているかのような気持ちで引き込まれてしまいます!

そして、20代で癌を患い、その後奇跡的に克服して7連覇を制した男を熱演するのは、今注目の俳優ベン・フォスター。

ロードバイク好きの方もぜひ一度は観て起きたい作品ですね!

「コードネームBT85 大統領暗殺を阻止せよ」

イギリスの元サッカー選手としても有名で『キングズマン』続編にも出演するヴィニー・ジョーンズや、ベテラン俳優マイケル・パレなど渋いメンズたちが共演する、2016年公開のサスペンス・アクション。

副題の「BT85」はCIAが結成したトップシークレット・ユニットのことで、ある日、妻と子供を誘拐され、彼女たちの命と引き換えに「大統領暗殺」を強要されてしまった元CIAの男を主人公に、「家族の命」と「大統領の命」に揺れ動きながら奮闘する姿が描かれます!

一見B級アクションのようにも感じましたが、開けてびっくりな良作でした!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ストーリーを読んだだけでも、本編が気になってしまう映画ばかりですよね!

ぜひ年明けにゆっくり時間がある方は、これら作品を一気見しちゃうのもアリですね!