ついに待望のドラマ化も決定!?世界的ベストセラー実写映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の白銀に輝く雪景色に酔いしれよう! | Netflix日本非公認ファンブログ

ついに待望のドラマ化も決定!?世界的ベストセラー実写映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の白銀に輝く雪景色に酔いしれよう!

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は、世界的ベストセラーとなったフィリップ・ブルマンの児童文学を完全映画化した、世界の果てへと旅する少女ライラの冒険を描いたSFファンタジーアドベンチャーです。

児童文学が映画化された有名な作品といえば、第三弾まで映画化された「ナルニア国物語」や、子役フレディ・ハイモアがジョニー・デップと共演した「チャーリーとチョコレート工場」などがあります。

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」で主役を演じたダコタ・ブルー・リチャーズは、15000人の中から大抜擢され今作がデビュー作となった、凄まじい存在感を放つ無名の新人女優であり、主人公と同様に未知の可能性を秘めた、まさにダイヤの原石!

そしてハリウッドスターのニコール・キッドマン悪役を演じ、あの有名俳優も登場!

そんな今作の魅力や、気になるドラマ化についてもご紹介したいと思います。

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」ってどんな映画?

この世界には、無数のパラレルワールドが存在します。

幼い頃に両親を亡くし、オックスフォード大学の寄宿舎で暮らすライラは、動物の姿(白熊)をした一心同体の守護霊・ダイモンといつも行動を共にしていました。

そんな不思議な世界である日、謎の組織に子供達が誘拐される事件が起きてしまうのです。

その中には、ライラの親友ロジャーも・・・

ライラは自ら捜索に乗り出し、ある人物から受け取った、物語最大の鍵となる“黄金の羅針盤”を頼りに、親友を救うため、謎を解き明かすため、勇敢な少女の冒険が繰り広げられるのです。

舞台となる美しい雪景色の映像美も、非常に魅力的な映画です!

ジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグも登場!

「007」シリーズでも有名な、世界一スーツが似合う男ダニエル・クレイグは、イギリスのトップスター俳優。

2005年に、5代目ジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナンの引退を受けて、6代目ジェームズ・ボンドに大抜擢された、「007」シリーズ初となるブロンド髪のボンドであり、「007 カジノロワイヤル」「慰めの報酬」「スカイフォール」「スペクター」と、どの作品も驚異的大ヒットとなりました。

そんなクレイグが「007」第一弾の翌年に出演したのがこの「ライラの冒険 黄金の羅針盤」。

今作では、アスリエル卿に粉し、神出鬼没で物語の鍵となる、多くの謎に包まれた人物を演じ、ライラと一体どんな関係があるのかも見どころです!

クリス・ワイツの映画は傑作ばかり!

「トワイライト」シリーズ「ニュームーン/トワイライト・サーガ」やディズニー実写映画「シンデレラ」、「ローグワン/スター・ウォーズ」。

さらに、ブラピとアンジー主演のスパイ映画「Mr.&Mrs.スミス」には、実はクリス・ワイツ自身が出演しているのです。

Netflix(ネットフリックス)では、今作以外にも彼の作品をご覧になることができますので、良かったらご覧になってみてはいかがですか?

「ライラの冒険」が待望のドラマ化!?

今作は、イギリス小説家ブルマンの原作では「黄金の羅針盤」「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡」の3部で構成されている作品です。

そんなライラの冒険が「ロード・オブ・ザ・リング」などの製作会社、ニューラインシネマによって、テレビシリーズ化させる企画を進めているのだそうです!

私もその内の一人でもあるのですが、「ライラの冒険」が好きだった方、続編映画を望んでいた方、原作ファンの方にとっては、高視聴率が期待できる待望のドラマ化”となるのではないでしょうか。

また、ドラマ版では原作者フィリップ・ブルマン自らが製作総指揮として参加するということで、さらに期待が高まります!

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を、待望のドラマ化に向けてご覧になってみてはいかがですか?