知ってた?映画「S.W.A.T」は、〇〇を徹底した本格ポリスアクション映画だった!

アクション映画と言えば、「Hawaii FiveO(ハワイ・ファイブ・オー)」やエディ・マーフィの「ビバリーヒルズ・コップ」などのポリスアクションものが一番王道ですが、Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信している、2003年の大ヒット映画「S.W.A.T」は、もうご覧になりましたか?

原作ドラマ「特別狙撃隊S.W.A.T」のリメイク版でもあり、今では一躍有名人となった俳優キャスト陣たちが勢揃いしているお宝映画でもあります!

そんなかっこいい男たちの姿をリアルに描いた「S.W.A.T」の見どころやキャスト達の魅力をご紹介したいと思います。

 

「S.W.A.T」ってどんな映画?

S.W.A.Tでの任務実行中に、相棒ギャンブルの独断行動による大きなミスによって、主人公のストリート(コリン・ファレル)とともに追放されてしまうのですが、ギャンブルが去る一方でストリートは、再起を願い甘んじて左官を受け、厳しい訓練を受けることに。

晴れて復帰したストリートは、ホンド巡査部長率いる新生S.W.A.Tチームに選ばれるのです!

チーム一行は、麻薬王のアレックスという男の護送を命じられるのですが、彼がメディアに向けて「逃してくれた者には1億ドル払う」と報じたことにより、街全体がS.W.A.Tの敵となってしまうのです。

さらに、ストリートにもS.W.A.Tたちにとっても思わぬ人物がそこにいたのです・・・

リアリティ溢れるS.W.A.T隊員たちの描写

この映画最大の見どころは、S.W.A.T本来の姿を描いたようなリアル感です!

演技指導では、元S.W.A.Tのテクニカルアドバイザーが参加されていたようで、キャストの隊員たちが日常業務や訓練のシーン、戦闘での射撃のシーンなども事細かく指導され、忠実に再現されているのです!

また、隊員たちが訓練や任務を行うシーンに合わせて、彼らの制服(ユニフォーム)もきちんと変化させ描き分けているところも本格的です。

そんな本物の隊員の姿を描いたこの映画は、警察やS.W.A.Tに憧れる方には、興奮が止まらない映画なのではないでしょうか。

映画のストーリーもスピーディで激しいアクションもある映画ですが、プロによって鍛え抜かれたキャストたちの演技にも大注目の映画です!

S.W.A.Tに扮した豪華な俳優陣

映画出演数がギネスにもなった、今作ホンド役のサミュエル・L・ジャクソンは、洋画で一度は必ず観たことがある数多くの映画とどんな役もこなしてしまう名俳優。

コリン・ファレルは、「マイアミ・バイス」「マイノリティ・リポート」など数々のアクション映画に出演する彼は、今作で演じたストリート役はお手の物です。

サンチェス巡査を演じたミシェル・ロドリゲスは「バイオハザード」での特殊部隊員や「ロサンゼルス決戦」での海兵隊などと、女戦士役しか演じないほどのアクション女優です。

この中で一番出世したとも言えるジェレミー・レナーは、「ハート・ロッカー」で主演男優賞にノミネートし一躍有名人の仲間入りを果たし、「アベンジャーズ」「マイティ・ソー」「ジェイソン・ボーン」と立て続けに活躍しています。

そんな彼らの若かりし頃を、ここまで本格的なアクション映画で一同に鑑賞できるのは「S.W.A.T」だけといっても過言ではないのです!

まとめ

立ちはだかる思わぬ人とは誰でだったのでしょうか。そして、危険な麻薬王アレックスを、新生S.W.A.Tチームたちは食い止めることができるのでしょうか。

リアルに描かれている隊員たちの演技など見どころ満載です!

Netflix(ネットフリックス)でも映画「S.W.A.T」を絶賛配信しております。

気になる結末や真相は、ぜひご覧になって確かめてください!