映画もNETFLIXオリジナルドラマ版も必見!〇〇要素が魅力な「スクリーム」面白要素を徹底解析!

2017年7月に『地獄愛』や『ディストピア パンドラの少女』など、劇場公開したばかりのスリラー系映画が早くも日本でも話題となっておりますが、皆さんはどんなホラー映画がお好みですか?

どんでん返し系ならイザベル・ファーマン主演の『エスター』やダコタ・ファニングとロバート・デニーロ主演の『ハイド・アンド・シーク』がお気に入りですが、スプラッター映画といったらやはりあの恐ろしい仮面を被った「スクリーム」ではないでしょうか?

幽霊が出てくるようなホラーは飽きたし、ミステリー系のホラーは刺激が足りないという方には本作を一押しします!

今回は、そんなNetflix(ネットフリックス)で絶賛配信中である「スクリーム」の魅力をご紹介したいと思います。

 

「スクリーム」の”顔”といったらネーブ・キャンベル

1996年に第1弾が公開されてから爆発的大ヒットを続けてきた本作シリーズは、第2弾、第3弾、そして2011年の第4弾までの計4シリーズが公開されており、スプラッター映画の代名詞的作品でもあります。

そして「スクリーム」といえば、シリーズのヒロインであるシドニー役として世界的に有名なネーブ・キャンベル!

圧倒的な美貌と確かな演技力で主人公の座を射止めました。

1作目はロングヘアーで純粋なイメージのヒロインを演じていますが、2作目では長い襟足をバッサリ切りクールでボーイッシュな印象を見せた彼女も魅力的です。

「スクリーム」ってどんな映画?

冒頭では、ある女子高生が謎の人物から不気味な電話を受け、犯人に襲われてしまうところから始まるのですが、『チャーリーズ・エンジェル』のドリュー・バリモアが女子生徒ケイシー役でゲスト出演していることも見どころです。

その後、同じ学校に通うヒロインのシドニーが次なる標的として狙われてしまうことになり、彼女の友人や同級生たちも次々と襲われていく中、犯人から自分を、そして友人を守ることはできるのか・・・というようなストーリーです。

この映画の魅力とは?

一つ目の魅力は、『犯人は一体誰なんだ!?』という”ミステリー要素”!

『13日の金曜日』『エルム街の悪魔』などのスプラッター映画では、あらかじめ犯人がわかっており、殺人鬼にキャストたちが襲われていく過程や、殺人鬼の恐ろしさを楽しむのが醍醐味でもあります。

しかし本作では、仮面を被った犯人が誰なのか分かりません。

視聴者を上手く騙す手法を数多く盛り込んでおり、本作シリーズのお決まりで終盤に明かされる犯人が、「この人だったの!?」「この人は全くノーマークだったよ」というように、実は意外な人物だったり身近にいる人物だったという落ちに毎回驚かされてしまいます!

二つ目は、”有名ホラー映画で例えたブラックコメディな会話”です。

劇中では「こういうことをしたら○○のホラー映画では決まってこういう結果になるよね」というような、ブラックコメディを交えた登場人物たちの様々なセリフが飛び交うのも本作シリーズの特徴で、ホラー映画好きの方には非常に楽しめる要素が盛り込まれています!

Netflixオリジナル作品のドラマ版「スクリーム」も必見!

オリジナル版「スクリーム」もスプラッター映画の傑作と言っても過言ではないほどの作品ですが、Netflix(ネットフリックス)が独占配信しているオリジナルドラマ「スクリーム」は、私が今まで観てきたホラー作品の中でも5本の指に入るほどの高いクオリティでした!

様々な伏線を散りばめながらラストに明かされた犯人は“驚愕”の一言で、巧妙に視聴者を騙すミスリードやどんでん返しは映画以上と言えます。

ホラーが苦手という方は、まずはコンパクトにまとまったドラマ版から観るのもオススメです!

まとめ

Netflix(ネットフリックス)は、本作全シリーズ4作品、ドラマ版「スクリーム」はシーズン2までを絶賛配信中です!

苦手な方もぜひ挑戦してみてはいかがですか?