ダブルのドキドキ!!?『Safe Haven(セイフ・ヘイヴン)』はただの恋愛映画ではない優良作品!

Netflixで堪能できる良作映画

今回ご紹介したいのはこちら、「Safe Haven(セイフ・ヘイヴン」です。

特にドキドキしたい方にオススメ!です。

画像から美しいラブラロマンスものを想像している方!

ええ、確かにこれはラブロマンスですが、こちら、カテゴリーは、ロマンス&スリラー。

ロマンスのドキドキと、スリルのドキドキを両方味わえてしまうという、この作品。なかなか素敵な映画です!

 

〇〇が元になった映画

「ハリーポッター」、「ゴッド・ファザー」、「羊たちの沈黙」、「スタンド・バイ・ミー」、「きみに読む物語」・・・

さてこちらの映画の共通点はなんでしょうか?

ズバリ、原作が小説の映画です!

「セイフ・ヘイヴン」はアメリカのベストセラー作家、ニコラス・スパークスによる同名小説です。

スパークスの作品は、今までに11作が映画化されています。大人気作家です!

ちなみに、今までダントツ一番で映画化(洋画)されている作家は、みなさん聞いたことがあるでしょう、ウィリアム・シェイクスピアです。その数、なんと800越えの作品数という…

スパークスの作品の中で最も有名なものは「Notebook(きみに読む物語)」です。こちらもとても素晴らしい作品。

「きみに読む物語」が気に入った方は、必ずこの「セイフ・ヘイヴン」も好きになること間違いないでしょう!

「セイフ・ヘイヴン」ってどんな作品?

この作品は、と〜っても短く簡単にいうならば、アメリカのビーチで、ホット・ガイとビューティフル・ガールが出会って惹かれ合うような話・・・。

・・・どこにでもある話だと思うでしょう?

が、しかし!!!原作はベストセラー作家の小説

そんな簡単なわけがありません。

序盤から謎の緊迫感に包まれるこの作品。

主人公のケイティは謎が多い女性で、なぜだか警察から逃げています。

たどり着いたノースカロライナの小さな町で出会ったのが、地元のコンビニを経営しているアレックス。

そこからケイティの新たな生活が始まります。

胸キュンのロマンスものかと油断していると、予想だにしなかったスリルな展開が待っていて、アレヨアレヨという間に目が離せなくなります。

そして、私は終盤でギャフンとなりました・・・。

少しずつ謎が明らかになる様は快感で、最後まで気が抜けません。

見終わった後は、すっきりと心温まる、なかなか楽しめる映画です。

 名監督が魅せる、美しい風景とハートフルな家族の物語

この映画の監督は、ラッセ・ハルストレム

レオナルド・ディカプリオの出世作「ギルバート・グレイプ」や、ジョニーデップの「ショコラ」、またはリチャード・ギアの「HACHI 約束の犬」の監督だと言った方が馴染みが深いでしょうか。

愛のある深い優良作品を作るのに長けている、素晴らしい名監督です。

海岸沿いの小さな町

映画の良いところは、行ったことのない場所を疑似体験できるところでしょう。

ノースカロライナ州はアメリカの南東側にあります。

海に面していて、気候も暖かいため、お金持ちの隠居スポットとしても人気の高い場所でもあります。

この舞台のサウスポートの町は、南側のビーチに面していて、白人が多く、映画の撮影場所としてとても人気が高い町です。

ビーチや、カヌーでのお散歩、森の中の一軒家など、とても綺麗な場面がたくさん出てきます。

また、この地域で有名な独立記念日のパレードの様子も少し垣間見ることができます。

メインは温かな家族像

スリルも楽しめるこの作品ですが、メインとなるのが温かな家族の姿。

美しい背景の中で、質素な生活だけれど、みんながお互いを思い合っている温かな家族の営みがあります。

この映画の注目は、子供のレクシーちゃん。

彼女の歯が抜けた太陽のような笑顔には、本当に癒されます。

彼女のその無邪気さが、わだかまりのあるアレックスとケイティの間の、愛の架け橋役となるのです。

そして、映画の中でも、ヒヤッとする展開の中、子供のキラリと光る聡明さをとてもうまく演じています。

この子役のミミ・カークランドはこの役が映画のデビューです。。なんとも末恐ろしい子!(笑)

この映画の中で、ある人がさりげなくこうアドバイスします。

「素晴らしいことにね、人生はセカンドチャンスで溢れているのよ!」

この人の言った、この言葉の奥底に含まれている深い思いを知る時、切ないけれど、とても温かな気持ちになるのです。

まとめ

光と影を使い分け、ロマンスとスリルをうまく描き出したこの作品。

観始めたら、止まらなくなり、116分なんてあっという間にすぎます。

ダブルのドキドキを楽しみたい方必見です!!