世界一のアカペラグループ!「ペンタトニックス:オンマイウェイホーム」には彼らの知られざる歴史や魅力が隠されていた!?

皆さんは、PENTATONIX(ペンタトニックス)という5人組のアカペラコーラスグループをご存知ですか?

私も彼らのファンである一人なのですが、YouTubeでの総再生回数は20億を優に超えており、数々の賞を受賞し、人気アプリゲーム『パズドラ』のCMに出演していることでも話題な、驚くべきアカペラ・グループなのです!

そんなペンタトニックスのコンサート映像と、彼らの幼い頃の貴重な映像からデビューするまでの半生をドキュメンター風に追った映像を楽しめてしまう映画が、Netflix(ネットフリックス)でも現在配信中の「ペンタトニックス:オンマイウェイホーム」。

知られざるペンタトニックスの凄さや魅力をご紹介したいと思います。

ペンタトニックスの生い立ち

当初はメンバー5人のうち、現在もリードヴォーカルを務めるスコット・ボーイング、カースティン・マルドナード、ミッチ・グラッチの3人は幼馴染であり、ヴォーカルトリオを結成したのが始まりでした。

そんな彼らはYouTubeへ数々のアカペラ動画をアップする活動を通じて、現メンバーのケヴェン・オルソラとアヴィ・カプランと知り合い、5人組のアカペラ・グループへと発展していきました。

デビューのきっかけは、2011年の『The Sing Off(シング・オフ)』というアカペラオーディション番組への出演でした。

3人は、ケヴィンやアヴィとはそれまで遠距離で連絡を取り合っており、その番組出演の前日に初めて5人で顔を合わせたにも関わらず、オーディションで優勝してしまったというのが驚きです!

メンバーの一人一人が凄い!

それぞれが優れた才能の持ち主なのですが、アカペラ歌唱力だけでなく、そのほかにもチェロやピアノなどの演奏にも長け、絶対音感を持っているなどと幼い頃から音楽というものに触れていた人たちなのです。

彼らのアカペラは、ポップ、ジャズ、ヒップホップ、R&B、エレクトニカなどのサウンドを、ほかに類を見ないアカペラや高音域の歌唱力とヒューマン・ビートボックスで表現しており、特に、人間が出しているとは思えない機械音のようなデジタル・エフェクト系のサウンドが素晴らしく魅力で、この世で彼らしかパフォーマンスすることが出来ないのではないかという程の未知のサウンドなのです!

彼らの代表作で、YouTubeに投稿されている「ダフト・パンク・メドレー」というアカペラ動画は、2億回以上も再生されており、彼らの凄さが一発で分かってしまう驚きの動画です!

史上初の快挙!

ペンタトニックスが2015年に発売したアルバム『ペンタトニックス』は、“アカペラ・グループ”として史上初の全米初登場1位を記録し、2枚目のクリスマス・アルバム『ペンタトニックス・クリスマス』では、全米2週連続で1位を獲得したのです!

また、彼らの快進撃は止まることなく、第59回グラミー賞では、“最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス部門”を受賞し、3年連続となるグラミー賞受賞を果たした世界一のアカペラ・グループなのです!

まとめ

ペンタトニックスの魅力や凄さをご紹介してきましたが、Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の「ペンタトニックス:オンマイウェイホーム」は、そんな彼らの知られざる舞台裏の様子や、彼らの貴重な練習風景、プライベートでの意外な一面、そしてこれまでの半生を一本の映画に凝縮して詰め込んだ、素晴らしい作品です!

他のアカペラ・グループとは一線を画す彼らの実力と、“声”だけで人々を魅了してしまうペンタトニックスの奇跡のアカペラ。

皆さんもこの機会にぜひ、ペンタトニックスの素晴らしさをもっともっと知って頂ければと思います。