世界一安全な場所が難攻不落の要塞に!?「エンド・オブ・ホワイトハウス」はただのアクション映画ではなかった!!

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中である2013年公開映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」は、「トゥームレイダー」や、凄まじい肉体美を披露した「300/スリーハンドレッド」などのジェラルド・バトラー。

未知の生命体に侵略される「世界侵略:ロサンゼルス決戦」や「ダークナイト」などに出演したアーロン・エッカート。

そして数々の映画で圧倒的な存在感を放つ、名優モーガン・フリーマン。

彼らが、ホワイトハウスで起きた前代未聞の襲撃を、迫真の演技とともにかつてない緊迫感とド迫力映像で観るものを魅了します!

全米で驚愕のオープニング記録を叩き出した今作は、続編も製作された大ヒット映画。

そんな「エンド・オブ・ホワイトハウス」の魅力を徹底解析いたします!

主人公マイク・バニングの過去

シークレットサービスとしてアッシャー大統領の護衛をする主人公マイク・バニングは、雪が降り積もる中、大統領一家の外出に付き添って同行していたのですが、突如事故を起こしてしまい、大統領や家族が乗っている車の車体半分が橋から乗し宙吊り状態に。

しかし、どうしても一家全員を救い出す余裕はなく、大統領の妻だけ命を落とすことになってしまい、シークレットサービスとしての職務遂行を果たせなかったマイクは、目の前で妻を亡くしたアッシャーと息子以上に、心に大きく深い傷を負ってしまったのです。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」ってどんな映画?

あのショッキングな事件から18ヶ月が経ち、マイクは信頼を失い、大統領付きの職務から外れていました。

罪悪感に駆られ、傷ついた心を癒すため平穏な暮らしを送る中、7月5日アメリカ独立記念日の翌日に、全米を揺るがす前代未聞の事件が発生してしまいます。

世界の中枢であり地球上最強のセキュリティーを誇る『鉄壁の要塞』ホワイトハウスが、アジア人テロリストによって、たった13分で占拠されてしまい、15分後には『難攻不落の要塞』となってしまったのです。

特殊部隊の突入は次々に失敗に終わり、ホワイトハウス職員ついには大統領までが人質に・・・

しかし、絶体絶命の状況に誰もが諦めかけたその時、一人の男がホワイトハウスへの侵入に成功します。

過去に起きた事故で一線を退くことになったマイク・バニングが、たった一人で鉄の要塞へと踏み込んでいくのです!

侵略されたホワイトハウス

同年(2013年)に公開された“ホワイトハウスでの危機”を描いた、今作「エンド・オブ・ホワイトハウス」と「ホワイトハウス・ダウン」。

「マジック・マイク」などのチャニング・テイタム、「アニー」のジェイミー・フォックスが出演した「ホワイトハウス・ダウン」は、娘とともにホワイトハウスへ見学に行った、シークレットサービス志願の主人公や大統領たちが、テロリストの侵略に巻き込まれてしまうという物語で、元軍人の議会警察官が、娘をそして大統領を救うために奮闘します。

今作では、心に傷を抱えながら、かつての友でもある大統領を救うため、テロリストの要塞と化した内部にたった一人で踏み込み、極限の状況・限られたタイムリミットの中、パワフルな臨場感が観るものを圧倒します!

まとめ

空からの容赦ない奇襲、陸上では多数のテロリストたちが自らの命を投げ打って突撃してくる攻撃に、未来はあるのでしょうか・・・

を抱えたマイクは、大統領を、世界の平和を、そして何よりも、全てを失っていた男自身の信頼と尊厳”を取り戻すことができるのでしょうか?

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の本作品は、息つく暇もないほどダイナミックな迫力で魅せるホワイトハウスでの悲劇と奮闘、主人公の内面をドラマティックに描いた超傑作映画です!

続編では主要キャスト3人が続投し、イギリスのロンドンを舞台に、英国首相の謎の死から始まり、今作以上にスケールも製作費も大幅にアップしており、見どころ満載です!