まさかの女性版 で大復活!?「オーシャンズ11」スリルと興奮が止まらない! | Netflix日本非公認ファンブログ

まさかの女性版 で大復活!?「オーシャンズ11」スリルと興奮が止まらない!

「ワイルド・スピード」や「ミニミニ大作戦」など、お金や財宝盗み出す窃盗ものの映画が大ヒットしましたが、やはり何と言っても真っ先に頭をよぎってしまう映画は、私にとっての原点でもある、超豪華キャストで贈るあの映画。

Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信中であり、スティーブン・ソダーバーグ監督の傑作映画「オーシャンズ11」です。

世界中で旋風を巻き起こしたこの映画は、「オーシャンズ12」「オーシャンズ13」と続編もあります。

そして今度は、女性版「オーシャンズ」で復活するのをご存知でしたか?

今回は、皆さんの大好きな俳優陣たちが魅せる映画の魅力と、気になる女性版「オーシャンズ」の情報と共にご紹介したいと思います。

「オーシャンズ11」ってどんな映画?

保釈中である主人公のダニー・オーシャンはカリスマ窃盗犯。

長い刑務所暮らしの間に、オーシャンはとんでもない計画を練り上げるのです。

その計画とは、ラスベガス3大カジノの現金が全て集まっているとされている巨大金庫から、1億60000万ドルもの現金を盗み出すというものだったのです!

しかし、当然ながら極めて厳重な警備とセキュリティシステムという壁が立ちはだかるため、オーシャンは、旧友でありブラッド・ピット演じるラスティにこの話を持ちかけ、計画に必要不可欠なそれぞれの分野を得意とするスペシャリストたちを招集し、メンバーたちと共にカジノへ潜入するのです。

「オーシャンズのスペシャリストたちが凄い

この映画の醍醐味でもある、我らがオーシャンズたちの大胆な窃盗計画。

大泥棒のダニー・オーシャンをはじめ、伝説の詐欺師と呼ばれたラスティ、スリの天才ライナス、イカサマ賭博士のフランク、メカニックや爆発物を扱うバシャー、電気系統を何でも操るリビングストン。

潜入担当のバージル・ターク兄弟、元雑技団でアクロバティックなアジア系のイアンといった、各部門のスペシャリストたちが勢ぞろいし、カジノ内で様々な困難とともに非常に緊迫感のある展開を繰り広げてくれるのです!

女性版オーシャンズで映画が大復活!

女性版で復活する「オーシャンズ」は、映画「ハンガー・ゲーム」の監督がメガホンをとり、原題では「オーシャンズ8」とされています。

俳優たちに変わり、今度は有名な大女優たちが、犯罪集団なのに華々しい姿で、スリルあふれるストーリーを展開していくのです。

主役には、映画「ゼロ・グラビティ」「しあわせの隠れ場所」などに主演する女優であり、監督としての一面もあるサンドラ・ブロックが、ダニー・オーシャンの妹役に扮し、その7の仲間たちと共にチームを結成します。

その他のキャストには、「ホビット」「ベンジャミンバトン 数奇な人生」のケイト・ブランジェット、「レ・ミゼラブル」「ダークナイト」のアン・ハサウェイ、世界的歌手のリアーナ、そして「アリス・イン・ワンダーランド」や「ハリー・ポッター」シリーズでも有名な、ヘレナ・ボナム・カーターなどがチームに加わり、大注目の映画となってます!

まとめ

スリリングで終始緊張が漂うオーシャンズの計画は、シリーズを重ねるごとにその計画も拡大していき、豪華なスター俳優たちが登場していくことも魅力です。

また、スティーブン・ソダーバーグ監督自身もこの映画に出演しているので、どんなシーンで出演しているのか、ご覧になった際にぜひ探してみてください。

「オーシャンズ」は、元々オリジナルが存在しそのリメイク映画になるのですが、宝塚歌劇で舞台化もされているというほどの大人気映画です。

Netflix(ネットフリックス)でも続編の3作品が全て絶賛配信中であり、「オーシャンズ8」の公開も楽しみなオススメの映画です!