ライバル映画『スノーホワイト』にも負けず大ヒットした「白雪姫と鏡の女王」は実はボリウッドテイストだった!?

不朽の名作『白雪姫』。

ディズニー映画では長編映画第1作で、“世界初のカラー長編アニメーション映画”として描かれた作品だということでも有名ですよね。

Netflix(ネットフリックス)で配信中の「白雪姫と鏡の女王」に主演するのは、あの大御所歌手フィル・コリンズの娘で『シャドウハンター』や『ミッシングID』に出演するリリー・コリンズ。

引き込まれてしまうほど綺麗な瞳とくっきりとした眉が特徴的な美人女優です。

まさにディズニプリンセス役にはぴったりですね。

そんな本作でメガホンを取ったのは、『インモータルズ 神々の戦い』で名を馳せたターセム・シン監督。

本作が今までの“白雪姫”とは一味違う作品だったのをご存知でしたか!?




続きを読むには、メルマガに登録をして、閲覧パスワードを入手して下さい。
詳しくは、下記バナーをクリック!