アクションとコメディの塩梅が絶妙な「ナイト&デイ」 | Netflix日本非公認ファンブログ

アクションとコメディの塩梅が絶妙な「ナイト&デイ」

screencapture-www-netflix-com-watch-70127226-1464597949556

トム・クルーズ×キャメロン・ディアス

空港で運命的な出会いを果たした男性が、実はCIAのスパイだった!?

そんな三文芝居のような導入で始まる「ナイト&デイ」は、トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演で2010年に公開されました。

21世紀が始まって10年も経つと、20世紀に一世を風靡したスター達に陰りが見えます。

公開当時、興行収入が振るわず批評家達は口を揃えて「このキャスティングでは若者が寄りつかない」という辛辣なコメントを残しました。

確かに若者達にとっては、あまり魅力的な映画ではないかもしれませんね。

それなら別にいいもんねー!おじさん達がひっそり楽しませてもらうからー!

世界のおじさん、おばさんなら確実に楽しむことができる「ナイト&デイ」をNetflixで堪能しちゃいましょう。

screencapture-www-netflix-com-watch-70127226-1464598187714

アクションとコメディの塩梅が絶妙

ラブコメの女王キャメロン・ディアスは確かに年齢的に恋愛映画が厳しくなってきました。

ヒロインの母親を演じてもおかしくないでしょう。おじさん的にはショックです。

しかしキャメロン・ディアスはあくまでラブコメでブイブイ言わせてきた女優。

色っぽさが足りないならコメディで補えばいいじゃない、とチャーミングな演技を見せてくれます。

恋の盛りも過ぎた中年のおばさんが、白馬の王子様を夢見て何が悪い。そんな開き直りっぷりには好感が持てますね。

一方トム・クルーズもニヒルで飄々としたスパイという一世代前のヒーローを難なくこなし、まさにぴったりの役柄。危機的状況でも余裕しゃくしゃくで緊張感とは一切無縁です。

高速で走る車のフロントにへばりついても笑顔を絶やさず、敵に囲まれても皮肉を交えながら楽々脱出。

この古臭さ、たまりませんね。若手俳優なら鼻で笑われそうなキャラクターも、トムの手腕とイメージにかかれば問題なし。

もちろんストーリーだって90年代ライクです。永久的にエネルギーを維持できる新開発の電池をめぐる、色んな組織のドタバタ劇がノンストップで進みます。

このバカバカしさ、たまりません。

ポップコーン片手にレッツ視聴!

screencapture-www-netflix-com-watch-70127226-1464598227117

「ナイト&デイ」のナイトは夜(night)ではなく、騎士(knight)です。実はこのタイトルにも映画に関するちょっとした秘密が隠されていて、本編の終盤で「へぇー」となります。

この辺りのギミックも、どこか懐かしさを感じますね。

気軽に楽しめるポップな映画なので、ぜひポップコーンをバリバリ食べながら視聴してみてください。