映画「センター・オブ・ジ・アース」ディズニーアトラクションにもある地底世界って実はこんな世界だったの!? | Netflix日本非公認ファンブログ

映画「センター・オブ・ジ・アース」ディズニーアトラクションにもある地底世界って実はこんな世界だったの!?

みなさんは、「センター・オブ・ジ・アース」という映画をご存知ですか?

”地球の中心”といった意味を持ちますが、ディズニーアトラクションになっている事でも有名で、そこには未知の世界があるとされ、人間は決して行くことのできない世界でもあります。

そんなファンタジーな世界を映画化したものが、Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信中の「センター・オブ・ジ・アース」です。

「ハムナプトラ」「ベッドタイム・ストーリー」でも有名なブレンダン・フレイザーと「ハンガー・ゲーム」「レッド・ドーン」のジョシュ・ハッチャーソンが主演で贈るこの映画には、どんな世界が待っているのか、その魅力をお伝えしていきたいと思います。

「センター・オブ・ジ・アース」ってどんな映画?

主人公トレバー(ブレンダン)の兄であり、甥っ子のショーン(ジョシュ)の父親である、地底世界を目指していたマックスが、ある日消息を絶ってしまい、行方不明になってから10年が経過したというとことから物語は進行していきます。

そんな兄の意思を受け継いで大学教授になったトレバーは、マックスが書いたとされる謎のメモを見つけたことにより、手がかりを頼りに甥のショーンや火山学者のハンナと共にマックスを探す旅に出ることになります。

ある洞窟の底が突然抜けたことにより、三人は地球の中心へと落ちてしまい、なんとたどり着いた場所は、マックスやハンナの父がずっと信じていた、ジュールベルヌの『地底世界』であったのです。

想像を絶する生き物も存在し、彼らは危険がたくさんの地底世界で冒険を繰り広げていくのです!

スリル満点の地底世界

マックスのメモを頼りに地底世界で冒険を続ける三人ですが、そこは巨大な太古の植物や肉食の巨大魚といった海洋生物、映画「ジュラシックパーク」にも登場するあの危険な生き物など様々な地底生物が登場し、美しい大自然が猛威を振るう恐ろしい世界でもあります。

誰も見たことのないようなファンタジーで美しくも危険いっぱいの地底世界で、ディズニーアトラクションでは体験できない数多くのものがそこにはあるのです。

トレバーたちが次々と困難や危険に襲われ立ち向かっていく中で、観ていてスリルを味わいながらもその反面では、美しい地底世界にどんどん魅了されてしまうのです。

そういった面では、ディズニーの大人気アトラクションと通するものがあるのではないでしょうか。

映画「センター・オブ・ジ・アース」の続編も配信!

3D上映もされたこの映画は大ヒットし、続編も制作されているのです。

「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」というタイトルで配信されております。

17歳に成長したショーンが、危険な海域にある謎の島で遭難信号をキャッチし、新しい義父のハンクやその娘カイラニらと共に、謎の島で冒険を繰り広げるという物語です。

地底世界の次は神秘の島が舞台となりますが、そこでは巨大蜂や小さな像というように、大小が逆転している不思議な世界が待ち受けています。

また、ショーンの祖父でもあり冒険家でもあるアレキサンダーが登場するなど、続編も見どころ満載の映画となっています!

義父のハンク役には、「ワイルド・スピード」などのドウェイン・ジョンソンが起用されていることにも大注目です

まとめ

私たちが憧れる世界でもある地底世界ですが、テンポよくスリル満点で爽快なファンタジーアドベンチャー映画です。

トレバーたちは、マックスを見つけ出し無事に地球の外側へと脱出できるのでしょうか。

Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信中であり、続編も気になる「センター・オブ・ジ・アース」ですが、本作と続編どちらもご鑑賞できます。

ぜひ2作続けてご覧いただき、未知の世界での様々な謎を解明してみてはいかがですか。