英雄か、テロリストか?「HOMELAND/ホームランド」はドラマ史上最大級の心理戦だ!

サスペンスがお好きな方に一押しの傑作ドラマがあります。

それは、Netflix(ネットフリックス)でも、シーズン4まで絶賛配信中の大人気ドラマ「HOMELAND/ホームランド」です!

以前、サスペンスアクション長寿ドラマ「クリミナル・マインド」のシーズン3までポストを勤めていた、マンディ・パティンキンが、今作ではレギュラー出演し独特な存在感で脇を固めています。

また、「24」「X-ファイル」の製作陣が手がけ、ドラマ界では数々の賞を受賞し話題にもなった凄い作品なのです!

今回は、「HOMELAND/ホームランド」の魅力をたくさんお届けしたいと思います。

「HOMELAND/ホームランド」ってどんなドラマ?

このドラマは、イラク赴任中に消息不明となった米海兵隊員の、ニコラス・ブロディという男が、8年ぶりに帰還するところから始まります。

その頃、イラクに赴任していた主人公CIA捜査官であるキャリー・マティソンは、死刑間近の密告者から、ある重要な情報を得るのです。

その驚くべき情報により、ブロディがアルカイダに寝返ったテロリストであるに違いないと確信したキャリーは、独断で捜査を進め、パティンキン演じるソールに協力にしてもらいながら、彼の正体を暴くために闘っていきます。

また、正体を暴いていくストーリーと並行して、アメリカに潜伏しているであろうテロリストの主犯格、アブ・ナジールの捜査も同時進行に物語が進んでいくという、アメリカのリアルな情勢を描いた、超一級心理サスペンスドラマなのです!

ブロディは英雄?それともテロリスト?

イラク赴任から帰還し、不気味な程したたかでありながら、何か隠しているような表情をふと浮かべたり不審な行動を取るブロディ。

TVでも英雄として取り上げられ、CIAや周りの人からも讃えられる中、ブロディは副大統領の後継者として議員に立候補するなど、予想もしない出来事が次々に起こり、キャリーにもますます目が離せません!

良い意味で次々と裏切る展開や結末!

このドラマの一番の見どころは、「24」のようにアグレッシブな捜査風景でも、過激なアクション・シーンでもなく、“キャリーとブロディとの心理戦”なのです!

キャリーは、過去のある出来ごとが明るみに出てしまうことや、持病である“躁うつ病”が原因で事件を取り乱してしまうことで、CIAからは問題視されているということから、犯人だと確信していても周りから理解してもらえないもどかしさ。

ブロディに対するの証拠を掴んだと思ったら周りに阻まれ、ブロディに一歩先を越されてしまったりと、様々な困難に直面しても、ブロディの正体を暴くことに異常に執着しているキャリーの奮闘は、見どころです!

数々の賞を受賞した「HOMELAND/ホームランド」

ドラマ界で最高の賞である“エミー賞”では、主演二人が揃っての『主演男優賞』、『主演女優賞』、さらに『ドラマ部門作品賞』、『ドラマ部門脚本賞』などを受賞し、ノミネートではほとんどの賞を独占したという驚くべき作品なのです!

また、ゴールデン・グローブ賞でも、今作は多くの賞を受賞し、賞レースを総ナメにし、全米を熱狂の渦にした作品なのです!

ブロディやキャリーの魅せる迫真の演技や、リアルさを醸し出すプロの俳優顔負けの演技力は必見です!

彼らのそんな演技力があってこそ、このドラマの見所である心理戦を、緊張感を常に持ちながら堪能できるのです!

まとめ

ブロディの存在はすぐ手に届く距離にあるのに、思うようにいかないキャリーが奮闘する姿や期待を裏切る心理戦の行方、シーズンを重ねるごとに、巨大な陰謀が絡んでいきます!

すぐに、次が観たくなってしまうほど中毒性のある、この超一級サスペンスドラマは、シーズン8までの製作が正式に決まっており、Netflix(ネットフリックス)でも4シーズンを絶賛配信しております!