「ヘルウィーク」は軍隊クラスのウルトラハードな男子社交クラブ入会物語!?

ヘルウィーク(HELL WEEK)というNetflix(ネットフリックス)の作品はご存知ですか?

男子大学生社交クラブで繰り広げられる地獄のような特訓をモチーフとし映画作品です!

社交クラブというと、ちょっとヌルそうな雰囲気がするかもしれないですが、特訓の内容は理不尽な軍隊の様。新米兵士と上官のバトルといいくらい過激の一言。

なまっちょろい映画なんてどうでもいい!!
とにかくハードな映画が見たいんだという人におすすめ
です。

 

ヘルウィークとは

もともとヘルウィークというのはアメリカ海軍の特殊部隊、ネイビーシールズで行われている地獄のような訓練期間の事を指します。

屈強な男でも根を上げそうな地獄・・・それと同等の地獄が男子社交クラブで繰り広げられているということですね!

こちらの作品では、社交クラブに所属しているのは黒人だけ。
もっと言うと、筋肉隆々の黒人の若者だけ。

こんな兵士みたいな人がいっぱいいる社交クラブなんで・・・嫌です(笑)

ヘルウィークの見どころ

きつすぎる訓練、いじめとしか思えない命令。
それでも社交クラブで成功したい主人公。

最初は耐えていますが、ふつふつと革命を起こしたい気持ちが高まり・・・というのが見どころ。

個人的に「いじめ」を題材とした作品は、気持ちが落ちるので好きではないのですが、こちらはもういじめというより、地獄の訓練(しごき)なので、平気でした。

※本国でのタイトルは「Burning Sands」

【注意】内容はウルトラハード!!

この作品は映像的にもストーリー的にもはっきりいって、かなりハードです。
子供には絶対みせられないし、カップルでみるような映画でもないでしょう。
正直、観終わった後にスッキリ元気になる作品でもありません。

むしろ、そのハードさを楽しむ、ハラハラドキドキを楽しむ映画といっても良いでしょう。

男くさい上下関係の社会でもがく若者の悲劇と闘争を描く本作ですが、同等レベルのキツい入会試験がアメリカの大学では本当にあったりするそうです。

日本国内でも体育会系の大学と言えば理不尽で厳しいイメージがありますが、キルウィークと同等のことをしたら訴えられそうですね(笑)

まとめ

キルウィークは超絶厳しい社交クラブの入会試験をモチーフとした過激な映画作品です。過激OK!むしろ好みでハラハラドキドキしたい!という人におすすめ。

見る人を選ぶ極限クラスのハード映画ですので、ちょっとでも、「うわ、キツそう・・・無理かも」と思うなら避けてください!

見ようと思うなら、ウルトラハードに挑戦する気持ちでお願いします。