アメコミヒーロー並みに最強!「ハンコック」でウィル・スミスが史上最強の嫌われ者ヒーローに!? | Netflix日本非公認ファンブログ

アメコミヒーロー並みに最強!「ハンコック」でウィル・スミスが史上最強の嫌われ者ヒーローに!?

「メン・イン・ブラック」や「スーサイド・スクワット」など数多くの作品で個性的な役を演じてきたウィル・スミスが、2008年にスーパーマン並の超人的な力を持った男を演じた、Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信中の「ハンコック」という映画をご存知でしょうか?

アメコミ実写映画「アイアンマン」や「インレディブル・ハルク」などにも劣らないほど最強の“嫌われ者ヒーロー”が活躍する、コミカル要素も盛り込んだ爽快SFアクション映画でなのです。

俳優の他にも、歌手や映画プロューサもこなしてしまうウィルに加えて、アカデミー賞女優シャーリーズ・セロンが今作でヒロインを務めます。

また、当時日本で公開していた平愛梨主演の「20世紀少年」を凌いで初登場1位となった大ヒット映画なのでもあります!

そんな「ハンコック」の魅力を今回はご紹介したい致します。

「ハンコック」ってどんな映画?

スーパーマン並みの超人的な力を持ち怖いもの知らずの主人公ハンコックは、その超人的な力と人並み以上の正義感を持って、犯罪を犯す街の悪党から市民を守っていたのですが、そのド派手なやり方から、街中を派手に壊滅させ人には迷惑をかけるなどし、街では好き放題でした。

街一番の有名人でしたが、世間からは“嫌われ者のヒーロー”として一目置かれていました。

そんな前代未聞の型破りなヒーローハンコックが、一人の男を事故から救ったことと、ある重大な事実を知ったことにより、大切な人を守るため、悪党から市民を守るため、“愛されるヒーロー”となることを目指していくという物語です。

ハンコックの超人的能力にスカッとしてしまう!

せっかく悪党を倒しても、街の市民から感謝されるどころか嫌われてしまっているハンコックは、人助けのためにその超人的な力を使うも、ついカッとなってしまうその性格から、いつもやりたい放題。

しかし、そんなヒーローをウィル・スミスが演じ、今までのヒーロー映画を覆したような彼のキャラクターは、他の映画では決して観ることができないのではないでしょうか。

怪力と空を飛ぶ力を持つハンコックが、人々を救いたい一心で、車を走らせた悪党たちを空の上で懲らしめたり、人助けをするも、標識を破壊して道路を大渋滞させてしまったりと、“やり過ぎ状態”で前代未聞のヒーロー像が描かれているのですが、ここまでやってしまう常識を覆したヒーローの姿、そしてそれをコメディタッチで描いた今作は、観ていて実に爽快なのです!

驚きの真実も!

今作で、カギを握る人物なのが、シャーリーズ・セロン演じるメアリー。

メアリーは、ハンコックが以前列車の事故から救ったレイという男性の妻であり、子供と共に幸せな人生を歩んでいます。

過去に起きたある出来事から、記憶喪失になってしまっているハンコックは、自分でも自分が何者なのかわからなくなってしまっており、メアリーとの出会いによって少しずつ何かを思い出していくのです。

そして、ハンコックがのちに知ることになる驚愕の真実によって、彼の運命も大きく変わってしまうというのも見どころです!

まとめ

果たして、街一番の“嫌われ者”は、“愛される者”となることはできるのでしょうか!?

そしてある人物の意外すぎる正体と驚愕の事実、とにかく予想を裏切りまくりの展開に目が離せません!

ウィル・スミスならではの痛快なコメディと、迫力満点でスカッとするアクション、ハラハラドキドキの良い意味で予想を裏切る展開、思わずウィルに惚れてしまうまさに“男”だ!という姿に、最初から最後まで誰もが満足できる作品です!

Netflix(ネットフリックス)では、映画「ハンコック」を絶賛配信しております。

こんなヒーロー見たことない!と誰もが思うはずです!

是非皆さんも、ご覧になってみてはいかがですか?