有名ドラマのあの人が出演していた!?腹筋が崩壊するほどの爆笑パロディ映画「鉄板英雄伝説」のここがヤバい!!

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信している「鉄板英雄伝説」は、ジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーによる、腹筋が崩壊するほど笑えるおふざけパロディ映画!

この放題は、『銀河英雄伝説』からもじったものだとすでにお気づきの方もいらっしゃるのではないかと思いますが、本作がどれだけぶっ飛んだ作品だったかご存知でしたか?!

 

「鉄板黄金伝説」ってどんな映画?

本作は『ほぼトワイライト』などのように特定の映画のパロディではなく、数多くの大ヒット映画のパロディが盛り込まれております。

孤児である4人のメインキャストたちが、『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカチョコレートの中に入っている金のチケットを偶然手にしたことによって召集されます。

そんな4人のキャストたちが、『ナルニア国物語』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ハリー・ポッター』『X-MEN』などといった様々な映画の世界観を通して、悪事を企む“雪の女王”や“デイヴィ・ジョーンズ”などと戦いを繰り広げます。

とにかく爆笑シーンが満載!

複数の映画のパロディということで、ジョニー・デップが演じていたあの人気キャラクターなど数多く登場するのですが、本作で演じる俳優が実際に演じていた俳優にすごく似ていたり、全く似ても似つかないほどだったりで、それだけでも非常に笑えてしまいます。

『チャーリーとチョコレート工場』のパロディシーンではウィリー・ウォンカが登場し、招待された4人を工場内見学させるのかと思いきや、これでもかというほど痛めつけてしまうのです。

さらに面白いのはウィリー・ウォンカが、“ファーギー”のヒット曲『Fergalicious/ファーガリシャス』に合わせて、キレッキレのブレイクダンスを踊るシーンは特に観ていただきたいです!

また、声優はジョニデの吹き替えを長年務める平田広明だということも嬉しいですね。

同様に、パイレーツにちなんだラップを披露するジャック・スパロウの声優も担当しており、このシーンにも大注目です!

また、『ナルニア国物語』の雪の女王が登場するシーンでは、“フォリナー”のナンバー『Waiting For A Girl Like You/ウェイティング・フォア・ガール・ライク・ユー』が流れ、冷酷で恐ろしい女王のイメージを全く感じさせず、おまけにぽっちゃりな中年おばさん。

オリジナル版ではジェームズ・マカヴォイが心優しいフォーンのタムナスを演じておりましたが、本作でのタムナスは自分の家をガールズバーにしているほどの遊び人。

様々な名作が、ぶっ飛んだキャラによるパロディなっていることが魅力です!

おふざけ映画なのに意外とキャストが豪華!

本作のメインキャスト4人のうち、二人は海外ドラマで有名な俳優だということも魅力です。

個人的に嬉しいのは『Dr.HOUSE(ドクター・ハウス)』ローレンス・カトナー役でお馴染みのカル・ペン(左)。

話題のNetflixオリジナル作品『サバイバー:宿命の大統領』でもメインキャストのセス役として登場している人気急増中の俳優です。

ちなみに彼は一度俳優業を辞め、オバマ政権職員でホワイトハウスの広報部アソシエイトとして働いていた経験もあって、まさにセス役は彼にぴったりの役だったのです!

また、ミュージカルドラマ『glee/グリー』エマ役でお馴染みの人気女優ジェイマ・メイズも、本作でのドジで天然っぷりなキャラクターにも注目です。

おふざけ映画なのに意外とセットも凝ってる!

B級低予算映画である本作で一番圧倒されたのは、『ナルニア国物語』の雪が降り積もる白銀の世界だったのですが、意外とオリジナル版と変わらないくらい凝っているところもGOOD!

また、最後のエンドロールに収録されている“NGシーン集”も絶対に必見です!

Netflixは、本作品をはじめフリードバーグ&セルツァーのパロディ5作品を全てご覧出ただけます!