感動の名作「奇跡のシンフォニー」あなたは涙なしにこの映画を見れるか!? | Netflix日本非公認ファンブログ

感動の名作「奇跡のシンフォニー」あなたは涙なしにこの映画を見れるか!?

みなさんは日々感動してますか?感動する映画を観て涙を流しましたか?

私はこの映画を観て泣き、感動しました。

何度観ても、映画のストーリーの素晴らしさに涙してしまいます。

そんな映画がNetflix(ネットフリックス)でも絶賛配信しております。

「奇跡のシンフォニー」という映画は、誰が観ても心温まる、涙を流さずにはいられない、そんな映画なのです!

フレディ・ハイモアという天才子役が、渾身の演技で私たちに感動を届けてくれる、そんな「奇跡のシンフォニー」を今回はご紹介していきたいと思います。

「奇跡のシンフォニー」ってどんな映画?

ロックバンドとヴァイオリン演奏者という音楽の才能を持った両親のもとに生まれたのですが、自分の親は亡くなったと聞かされていたため、孤児院の施設で暮らしている主人公のエヴァン(通称オーガスト・ラッシュ)。

しかし、きっとどこかに自分の両親はいるのだと信じていました。

ある日、エヴァンは施設を脱走し外の世界へ飛び出て、両親を探す旅が始まるのです。

外の世界では、同じように親がいない少年との出会いや、孤児たちを引き取りオーガスト・ラッシュの名付け親となるマックスウェルとの出会いから、エヴァンは自分の持っている優れた音楽の才能に気づいていき、やがてジュリアード学院の講師にも才能を認められ大きな舞台にも出演することに!?

彼の音楽によって、少しずつ奇跡が起き始め、彼の音楽に導かれるかのように、両親との距離が徐々に縮まっていくのです・・・

切なくも心温まるギターデュエット

この映画では、多くの心温まるシーンが散りばめられているのですが、中でも私のお気に入りのシーンがあります。

それは、エヴァンと子供の存在をしらない父親ルイスとの、広場で奏でるギターデュエットです。

側からみると、ただの見知らぬ大人と子供がたまたま即興で奏でる音楽なのですが、この映画を観ている側の視聴者は、なんとも切ないような暖かいような気持ちになってしまうのです。

これはぜひ、実際に映画をご覧になってその一部始終を堪能して下さい!またまだ素敵なシーンがたくさんあります!

フレディ・ハイモアの過去代表作と現在

フレディは、2003年に役者デビューしてから、この映画の以前にもとても大物俳優と共演していました。

その俳優とはフレディの最も尊敬する俳優であるジョニー・デップです。

ピーターパンの基となった物語の映画「ネバーランド」で重要なキャストに大抜擢され、日本でも大人気ヒットした映画「チャーリーとチョコレート工場」では、またしてもジョニー・デップと共演を果たし、チャーリー役を演じていたのです。

そんな彼も25歳となり、様々な映画に主演していますが、中でも現在Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信中で彼が主演を務める「ベイツ・モーテル」というドラマでサイコキラーをえんじているのですが、想像を絶する演技力です。

「サイコ」という映画の主人公ノーマンの半生を描いた大人気ドラマとなっています。

ジョニー・デップから受け継がれた演技力がまさにどの映画やドラマにも込もっているのです!

まとめ

両親がいると信じ続けたエヴァンは、この映画でどんな奇跡を起こすのでしょうか。

信じて進み続ければ、少しづつでも何か変化が生まれていき、人と人との繋がりの深さを改めて実感する映画です。

子供の頃は誰もが持っていたであろう、純粋に何かを求める素直な気持ちを、大人となった私たちに教えてくれる映画でもあります。

また、アカデミー賞主題歌賞を受賞した作品でもあり、映画全体の音楽にも大注目です。

「奇跡のシンフォニー」そして「ベイツ・モーテル」は、Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信しております。

彼の幼くも勇ましい演技力や、大人になった彼の驚くほどの演技力を、ぜひお楽しみいただけたらと思います。